こんにちは。神楽坂着物セレクトショップ、着物サロン岡本です。

秋らしい過ごしやすい日が続いていますね。着物を着るのに最適な季節になりました。

だからという訳ではありませんが、最近はお客様のお宅に訪問するようにしています。そのわけは、、

一階のテナントが来月初旬まで工事中!真上にあるサロンは工事の振動と音が直撃で、全然風流じゃない~

チェンソーの音にも詳しくなりました。。あんまり役にたたないけど。

わざわざUPするほどでもありませんが、、入口もこんな感じで出入りも一苦労なのです。

 

img_0338

こういう時は外に出た方がいいよ!という導きと思い、

なるべくお客様宅やお取引先を訪ねたり、外出して見聞を広める機会にあてています。

 

ということで今日は横浜おおさんばし近くの「シルクセンター」に来ました!

海風が気持ちいい~~

お目当てはこちら

 

r7ovc266bs6vjnw1477137858_1477137867  

伝統工芸展が最高峰、重み、格、と表現するならば、こちらは登竜門、というところでしょうか。

作品も楽しめたのですが、それと同じくらい心に響いたのが、講評。

織や染織に携わる重鎮の方々の講評は、ものづくりの厳しさを強く説いたものでした。

 

作品を創るだけでなく、どう見せたいのかということを考えて初めて「作品」の域に入るのだ、

という言葉は心に迫るものがありましたね。

今回見させてもらった入賞作品以外にもたくさんの作品があるわけで、全ての作品に創り手の気迫と命が宿っている。

今後の染織界を担う若手の方々がこんなにいらっしゃる事は、私の励みにもなり、また気の引き締まる思いがします。

(パンフレットの一部分↓)

 

img_0327

 

11月13日まで横浜の日本大通り駅にあるシルク博物館で開催中です!

海も近いのでお散歩にもぴったりですよ~是非足をお運びくださいませ。