長月のコーディネート~着物と帯

着物サロン岡本 神楽坂

9月は残暑厳しく、着物のコーディネートが難しい時期でもあります。秋を感じつつも涼やかにまとえる江戸小紋二着をご紹介します。

故人となられた藍田正雄氏の「ひょうたん」柄の江戸小紋に合わせたのは、程よく透け感のある3Dの名古屋帯。

 

画像ではわかりづらいのですが見る角度によって、「お月様と萩」「千鳥と波」の二通りの季節が楽しめます。夏から秋にかけての時期にぴったりの帯ですね。

一方、こちらの現代的な江戸小紋はサーフィンが趣味という廣瀬雄一氏の作品。異国情緒あふれる柄には、アステカを思い起こすような博多八寸帯を合わせてみました。