こんにちは。

日増しに秋が深まってきました。雨も少なく、さわやかなこの季節。美味しいものもたくさん!

9月下旬のコーディネート

着物の着やすい季節です。神楽坂でも、道行く人が浴衣姿から着物姿に変わっていっている感じがします。お昼は陽ざしも強く、暑かったので、着物はまだ夏物。といっても9月下旬ですので、透け感の少ない半紗の着物です。

着付け教室の生徒さんも、この時期何を着たらいいのか、、とお悩みのご様子です。

夏物としても着られるのと、透け感が少ないので5月や9月も違和感がありません。とても使い勝手の良い着物で大変重宝しています。無地感覚で帯が合わせやすいのも嬉しい。

帯は生紬の染帯を合わせました。生紬は、絹糸の精錬を少なくした糸を使っているので、自然の風合いが残っているのが魅力。帯芯は通常白を使いますが、生成り色を活かすために今回は亜麻色の帯芯を使って仕立てました。

雪輪と疋田絞、梅の型染です。梅は春の柄じゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、写実的なものでなければ、私はそんなに気にしません。例えば塩瀬に手描き友禅の梅だったら、やはり1~3月に使うと思います。

私は本当に帯が好きで、着物は無地感覚、帯で遊ぶ、というパターンが好みです。柄ものの着物って、なんだか落ち着かないんですよね~

多千花きもの着付け教室は、神楽坂にある初心者専門きもの着付け教室です。

神楽坂駅、江戸川橋駅、牛込神楽坂駅をご利用になれます。