神楽坂 予約制着物サロン

お客様の声

  • HOME »
  • お客様の声

M様

「センスに間違いない!」とおっしゃる東京都港区在住の50代女性M様に、岡本さんとのエピソードを伺いました。着物ですごすオフタイムが、仕事のパフォーマンスを上げる一助にもなっていると仰るM様、管理職としてご多忙な日々をお過ごしです。

インタビュアー
M様と岡本さんのご縁をお聞かせいただけますか?
M様
仲のいい友人が、「神楽坂のギャラリーに、とっても素敵な浴衣があったよ、一緒に行ってみない?」と誘ってくれたのがきっかけです。私がよく着物を着るのを知っているので、それで声をかけてくれたんだと思います。
インタビュアー
岡本さんの浴衣の展示ギャラリーは、どんな感じでしたか?
M様
絵に描いたようなスペースで、思わず素敵~!って。呉服屋さんの浴衣って、反物が積んであるか、吊るしの浴衣がハンガーにたくさんかけてあるか、そのどちらかだと思っていました。そういう感じではなくて、お洒落なセレクトショップのようなディスプレイ。品物も、一点一点、にこだわりが感じられました。とにかく、その場にいるだけでワクワクしました。
インタビュアー
その時、岡本さんのコーディネートを初体験されたんですね。
M様
そうです。でも、最初からすすめないんですよ。色々とお話しをしていたら、岡本さんがふいに、「こちら、お似合いになると思いますよ、帯はこんな感じで、、」って、さらさらってコーディネートされたんです。薄いグリーンを基調にした古典柄に、白の名古屋帯。それを見たときに、私の友人が「Mちゃん、絶対これ似合うよ!!鏡で見てみて!」って勧めるんです。私としては、洋服でも着物でも、薄い色は着たことがなくて、半信半疑で。でも、鏡の前で浴衣をあわせてみたら、今までになく上品な自分がいてびっくり!新たな自分発見っていうのかな、そんな瞬間でした。
インタビュアー
ご自身では選ばない色だけど、似合っていた?
M様
似合うという言葉だけでは表現できませんね。一瞬で自分がステージアップした感がありました。品質もさることながら、岡本さんの目のちからっていうのかな、本当にすごいと思いました。突きぬけてるっていうか。あのセンスのすごさは、言葉にならないです。
インタビュアー
お話しをうかがっているだけでこちらまでテンションがあがりますね。他に印象に残っていることはありますか?
M様
呉服屋さんって、売ろうとしてあれこれ勧めてくるのに、岡本さんは一切ない。私、聞いたんですよ、こんなにたくさんあるのに、他の浴衣をすすめないんですね、と。そうしたら、「私は、お客様の奥行きが表現できるものだけ、おすすめすることにしているんです、こればかりはご縁ですから、来年出会うかもしれないし、他のお店にあるかもしれないですよ。」っておっしゃる。お客様に対する真摯な姿勢に、感動しました。あれ以来、着物のことも色々相談させていただいています。気軽に何でも聞けるありがたい存在です。

O様

「大事な日を、全面的に支えてくれました」とおっしゃる京都市出身の50代女性O様は、30年ぶりの同窓会で岡本さんにお世話になったとのこと、その際のエピソードをお聞きしました。

インタビュアー
同窓会に着物を着て行こうと思われたきっかけは、何かあるのでしょうか?
O様
40代半ばから同年代女性の視線が気になるようになってきました。目立ちたくないけど、目立ちたい、みたいな、矛盾しているようですけど。最近SNSで近況をUPしている友人達を見ていると、着物姿もチラホラ。それでちょっと火がついたところがあるかもしれません(笑)
インタビュアー
岡本さんにコーディネートを依頼したのは、どんな理由からですか?
O様
岡本さんとは友人を通して知り合ったのです。彼女の着物姿って、モノトーンなのに女性らしかったり、粋なのに品があったりして私もこんな着物だったら着てみたい、と思う感じなんですよね。母に相談したら「私のを着たら」というので実家に帰省した時に見てみたんですが、私の着たいイメージではない。だったら、せっかくの機会だから岡本さんにお願いしようと思いました。
インタビュアー
実際に、どんなやりとりをされたのですか?
O様
岡本さんは、「初めて袖を通すのは同窓会でも、この先着たいと思うシーンがあるはずなので、じっくり考えましょう」と。開催場所やどのくらいの規模なのか、いわゆるTPOと、私のライフスタイルや習い事、普段の洋服の好みまで、やりとりをしました。カウンセリングを受けているようでしたね。
インタビュアー
どんなコーディネートだったのですか?私も興奮してきました!
O様
岡本さんは「O様を輝かせるキーワードは、しとやか、嫋やか、でしょうね。いかにも、というのは違うと思います」と。わかりやすい言葉で表現してくださいました。見せていただいたコーディネートは、とにかくセンスがいい!のひとこと。こんな素敵な着物、どんな人が着るのかしら?私だった!みたいな笑。控えめなのにちゃんと主張していて、満艦飾の会場で逆に目立つだろうなと思いました。
インタビュアー
他のお客様もおっしゃっていましたが、とにかくセンスがすごい、ということが伝わってきます。ところでO様は東京在住で、同窓会は京都で開催、着物はどうやってお持ちになったのですか?いろいろ大変だったでしょう。
O様
遠隔地のサポートも経験豊富な岡本さんにお願いして、大舟に乗った気持ちでしたね。美容院に、着物着付けの小物もすべて宅配便で送ってくださったんですよ。パッキングも、美容院の方に褒められるくらいでした。着たあとの着物は全部岡本さんに宅配便で送って、お手入れしてもらって。肝心の同窓会では、個性的なデザインや原色が多い中、私の控えめさが逆に目立っていましたね。自分で選んでいたら、こうはならなかった。教授や事務局の方に着物を褒められて、とても気分よく過ごせて、岡本さんには本当に感謝の一言です。

Y様

たんすコンサルティングのサービスを受けられた、東京都在住の50代専業主婦、Y様。「岡本さんに感謝の気持ちでいっぱいです」

インタビュアー
Y様は、お着物の整理で悩んでいらっしゃったとか。詳しく教えていただけますか?
Y様
はい、一昨年に、実家の母を、去年、義理の母を見送りました。どちらの母も、着物をそこそこ持っていて、いずれ着物の整理をしなくてはいけないと思っていたのです。夫は一人っ子で、私には独身の弟が一人。ふたりとも私任せで、かといって私も着物のことはよくわからない。手つかず状態でした。
インタビュアー
どんなきっかけで岡本さんの「たんすコンサルティング」を依頼されたのでしょう。
Y様
ネットサーフィンしていて、岡本さんのホームページで、「たんすコンサルティング」を見つけたんです。これだ!って思いました。というのも、着物を整理するときに、一括して買い取る業者さんはたくさんあるんですよ。でも、私はそこまでの潔さはなくて、二人の母が残した着物や帯を、自分の眼でもちゃんと見て、きちんと知っておきたいと思ったんです。私が着られるものがあるなら、教えてほしい、という気持ちもありました。
インタビュアー
Y様のお気持ちにぴったりだったということですね?
Y様
そうですね。しかも、家まで来ていただけるというのですから、ありがたい。着物って持つと結構重いんですよ。特に実家のタンスは二階にありますし。
インタビュアー
岡本さんのことは、インターネットでご覧になっただけで、初対面だったわけですよね。いきなり家に来ていただく、ということに抵抗はなかったですか?
Y様
ホームページで、岡本さんの「人となり」や、今までの実績などを拝見して、「この方に頼んでみよう、きっと力になってくれる」と確信がありました。お値段やサービス内容も明確だったし、心配や不安はなかったです。
インタビュアー
「たんすコンサルティング」を受けられていかがでしたか?
Y様
想像以上でしたね。プロの仕事って感じでした。下の引出しから順番に着物を出していって、あっという間にタンスが空っぽに。一枚一枚、丁寧に見て解説してくださいました。母がどんな気持ちで購入したのか、そういった事も岡本さんはわかるみたいで、すごいな、と思いました。中には職人さんがいなくて、今は手に入らない、という品物もあって「これは大事に着てくださいね」とアドバイスをいただきました。本物を残してくれた母に、感謝の気持ちで胸が熱くなりましたね。まだ袖を通してはないのですが、母が守ってくれる気がします。
インタビュアー
「たんすコンサルティング」を迷っていらっしゃる方に一言アドバイスをいただけますか?
Y様
私のように、「着物の価値を正しく知って、その上で判断したい」という方は絶対受けたほうがいいです。岡本さんの眼は本当にすごいし、仕事が早くて丁寧。本当に頼んでよかったと、思います。人柄もとっても気さくで、どんなことでも相談にのってもらえますよ。

お気軽にお問合せください TEL 03-6676-7805 10:00~20:00【年中無休】

PAGETOP
Copyright © 着物サロン岡本 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.