scrool

新着情報

50代の着物に似合うボリュームのある髪型の作り方2018.03.10

50代の着物に似合うボリュームのある髪型の作り方

着物を着るとき、「ボリュームが少なくて、思ったように髪型を作ることができないわ・・・」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
50代になって、心の余裕ができたときに、着物を着ようと思う着付け教室に通う方も増えています。

ところが、着付けができるようになってハタと気づくのが髪。

髪型が気になって自信が持てないこともあるかもしれません。

今回は50代の女性のための薄毛や白髪対策です。

【50代女性、髪のお悩み、薄くなる、ボリュームが減るのはなぜ?】

・女性ホルモンの分泌量の減少

ホルモンバランスが急激に崩れる50代は、こころとからだに不快な症状が起こりがち。

更年期障害と一般的に言われる症状のひとつが、髪や頭皮にまつわる「抜け毛」「髪が細くなる」「白髪」などです。

・血行不良
50歳になると、若いころに比べて体が硬くなったり、瞬発力がなくなったりして、体を動かす機会が減ってしまう方も多いと思います。

血行を良くすることで代謝があがり、肌のターンオーバーが正しくなって頭皮や毛根に栄養がいきわたりますが、血行が悪くなると頭皮のターンオーバーが乱れたり、髪に栄養が行き届かなくなるために様々な現象がおきると言われています。

・パーマや白髪染め

ボリュームがないからといって、パーマを頻繁にかけていると頭皮や髪にダメージを受けてしまいます。

また、多くの白髪染めに含まれるパラフェニレンジアミンという化学成分がアレルギーを引き起こしてしまうことをご存じでしたか?

パーマや白髪染めは必要不可欠と思う方もいらっしゃいますが、身体にとって異物であることは変わりありません。

【50代女性が髪の悩みを改善するためにできること】

暴飲暴食、アルコールや甘いものの食べ過ぎは控え、できる限り規則正しいライフスタイルを心掛ける

日差しが強い季節は帽子や日傘などで直射日光から髪や頭皮を守る

運動習慣をつける。ヨガやウォーキング、ストレッチなので血行を良くし代謝をあげる

洗髪後のドライヤーは、しっかり髪の水分をとってから、頭皮を乾かすようにドライヤーの風をあてる。

パーマや白髪染めなどは、必要最低限に。ノンジアミンの材料や、ヘナなど頭皮に負担のない材料を選ぶ

【まとめ】

着物を着る際に、髪の毛にボリュームやツヤがあると、より着物姿が綺麗に見えますね。

綺麗な髪で、自信をもって着物を着こなしてくださいね。

 

多千花きもの着付け教室は、神楽坂にある初心者専門きもの着付け教室です。

神楽坂駅、江戸川橋駅、牛込神楽坂駅をご利用になれます。

The following two tabs change content below.
アバター

おかもとたかこ

神楽坂、多千花きもの着付け教室主宰。理論的でわかりやすい個人レッスンが人気。海外在住の生徒さんも多い。

神楽坂 多千花きもの着付け教室|神楽坂