scrool

新着情報

着物でお花見。神楽坂で桜を眺めながら楽しめる素敵なスポット2018.03.02

着物でお花見。神楽坂で桜を眺めながら楽しめる素敵なスポット

四季のある日本では、一年を通して季節の移ろいを楽しめます。春は桜、夏は海、秋は紅葉、冬は雪景色。
それぞれの季節に良さがあり、これらの自然の移ろいを楽しむためのイベントが日本中で催されます。着物はそれぞれの季節の柄を楽しめるのが醍醐味と言えるでしょう。

春の訪れを肌で感じるお花見は、春の風物詩である桜を楽しむための一大イベント。桜のように上品で美しい装いである着物で、お花見にお出かけしてみてはいかがでしょうか。
今回は、着物でのお花見のコツや気を付けたいことをご紹介いたします。

 東京の桜の見ごろ

過去の東京での開花日は以下の通りです。
2017年・・・3月21日
2016年・・・3月21日
2015年・・・3月23日
2014年・・・3月25日
2013年・・・3月16日
2012年・・・3月31日
平年の開花は3月26日で、満開となるのは4月3日ごろです。2018年のお花見の時期も、平年並みであればこの時期になります。

早咲きの桜は2月上旬から見頃が始まります。3月上旬には、上野公園や隅田公園、代々木公園など、全ての場所でソメイヨシノが見ごろになるでしょう。
奥多摩では4月の中旬ごろまでお花見を楽しめます。

着物で楽しむお花見

お花見の楽しみ方は人それぞれです。桜の下で賑やかにお花見するのも楽しいですが、着物だとちょっと辛いですよね。着物でお花見をするには、桜を見て散歩をして、ランチやディナーはレストランが安心でしょう。屋形船からゆっくり桜を楽しむのも素敵です。

桜の下でブルーシートを引いてお花見、、下の画像のようなクマさんとウサギさんのようなお花見は汚れてもいいお洋服のときにしましょう。汚れるかも、、と思いながら飲んだり食べたりするのは楽しくありません。

着物でお花見、神楽坂の人気スポットは着物が似合います

神楽坂にあるCANAL CAFÉは外堀通りに面したイタリアンレストランです。お花見の時期には、デッキサイドの席から桜並木を眺められます。ランチもディナーも楽しめますが、ブッフェになっていることが多いので、着物のときはアラカルトのオーダーがおススメ。着物でブッフェは、袂が気になって楽しみも半減です。

毎年お花見シーズンには特別メニューを用意していて、お花見ランチや夜桜ディナーを楽しめます。カナルカフェでお食事を楽しんだあとに、神楽坂の石畳を楽しみに、坂を上がるのもよし、外堀通りをお花見するのもよし。
着物で夜桜を眺めるのは、大人なお花見の楽しみ方ではないでしょうか。

神楽坂以外でのお花見おススメスポット

毎年隅田川では、屋形船のお花見コースが出船します。
3月下旬から4月上旬にかけて昼と夜の便が設けられ、屋形船から桜並木を楽しめます。最近は椅子席や堀こたつなどで足に負担がかからない屋形船がありますので、正座に不安がある方はそういった屋形船を選ぶといいですね。

隅田川沿いの桜を眺めながらお料理を召し上がることが可能です。人気のコースですので、ご予約はお早めにすることをおすすめします。

このように、お花見の楽しみ方は様々です。今年のお花見は着物でお出かけしてみてはいかがでしょうか。また違った桜の楽しみ方が見つかるかもしれません。

 

多千花きもの着付け教室は、神楽坂にある初心者専門きもの着付け教室です。

神楽坂駅、江戸川橋駅、牛込神楽坂駅をご利用になれます。

The following two tabs change content below.
アバター

おかもとたかこ

神楽坂、多千花きもの着付け教室主宰。理論的でわかりやすい個人レッスンが人気。海外在住の生徒さんも多い。
アバター

最新記事 by おかもとたかこ (全て見る)


神楽坂 多千花きもの着付け教室|神楽坂