scrool

新着情報

夏の着物 浴衣 肌着、下着のおススメ体験談①2017.08.10

夏の着物 浴衣 肌着、下着のおススメ体験談①

こんにちは。

 前回、浴衣の下にブラはダメだよ~のあと、「お勧めがあったら教えてほしい」というお問い合わせが多くありました。検索すると、着物用の肌着や下着、たくさん見つかります。夏の着物 浴衣 肌着、下着のおススメはなんですか?

と聞かれることが多いので、実際に着てみた感想を書いてみますね。

私の夏のNO1【本麻あしべ汗取り付きスリップです。

楊柳の本麻を使った裾までのスリップ。「あしべ」というのは、ロウソクの芯に使われる吸水性抜群の天然繊維で胴回りと、脇の下に「あしべ」が折り込んであります。同じブランドで、「本麻あしべ汗取り」というのがありますが、

↓↓↓これは上半身だけのもので、かつ生地が晒なのです。おススメはこれが付いた、スリップなのです。

 

(リンクは貼りませんので、興味のある方は検索してくださいね)

とにかく、抜群に汗を吸います、ぐんぐん吸います。汗をかいても肌にくっつかず、肌触りが涼しくて軽い!着れば着るほどやわらかく着心地が良くなる。中のあしべは、当然ながら劣化するのでいつかはお役御免の日がくると思いますが、2年経ってもまだ大丈夫そう。

(画像は、2年目の現役私物。洗濯機でガンガン洗ってます)

 

☆妥協点としては、

価格です。¥30,000前後という価格は、一般的な下着に比べると高価です。ただ、私はこの品質を考えると高いとは思えません。ややバストとウェストが大きい作りになっていますね。ぴったりと着たい方には向かないかもしれません。私は余った分の生地を、脇でダーツをとってウエストの補整替わりにしています。

洗濯すると紐の部分が棒状になります。アイロンかけたほうがいいかもしれません。

着物の下着は、口コミで選んでも自分に合わないこともあるし、体型や肌感覚でおススメが変わってきます。

是非ご自分にあった下着を探してみてくださいね。

多千花きもの着付け教は、神楽坂にある初心者専門きもの着付け教室です。

神楽坂駅、江戸川橋駅、牛込神楽坂駅をご利用になれます。

The following two tabs change content below.
アバター

おかもとたかこ

神楽坂、多千花きもの着付け教室主宰。理論的でわかりやすい個人レッスンが人気。海外在住の生徒さんも多い。

神楽坂 多千花きもの着付け教室|神楽坂