scrool

新着情報

最初に選ぶ名古屋帯は、どんな帯がいいのでしょうか?2017.05.20

最初に選ぶ名古屋帯は、どんな帯がいいのでしょうか?

こんにちは。

着付け初心者の方が、最初に使う帯は、名古屋帯の方が多いようです。多千花でも、フォーマル着物以外は、名古屋帯をおススメしています。気軽に結んでいただけるし、何より軽い。

時々袋帯じゃないと帯じゃない、、みたいなことをおっしゃる方もいらっしゃいますが、いえいえ、そんなことはありませんよ!普段に着物を着たい方は、絶対名古屋帯。

そこで、今日はどんな名古屋帯が初心者の方向けなのか、書いてみます。

結びやすいのはお太鼓柄よりも全通柄や六通柄

着付けを習っている初心者の方が、帯のレッスンで手こずる手順のひとつが、お太鼓の山を決めるところ。

帯枕の位置によって、お太鼓の柄が上にいったり、下にいったり、、なかなか思うところに柄がこなくて時間ばかりかかる。。

全通柄(最初から最後まで柄が続く)か、六通柄(全体の六割程度、目に見えるところだけに柄がある)の帯を選ぶと、柄の融通がきくので、最初のうちは安心でしょう。

六通柄の帯↓                 お太鼓柄の帯↓

 そうは言っても、季節の花だったり、何かのモチーフ柄だったり、お太鼓柄に素敵な帯が多いのも事実。

どんどん着て、慣れていきましょう~慣れていけばどんな帯も結べるようになりますよ♪

名古屋帯の記事はこちらにも

多千花きもの着付け教室は、神楽坂にある初心者専門きもの着付け教室です。

神楽坂駅、江戸川橋駅、牛込神楽坂駅をご利用になれます。

 

The following two tabs change content below.
アバター

おかもとたかこ

神楽坂、多千花きもの着付け教室主宰。理論的でわかりやすい個人レッスンが人気。海外在住の生徒さんも多い。
アバター

最新記事 by おかもとたかこ (全て見る)


神楽坂 多千花きもの着付け教室|神楽坂