scrool

新着情報

箪笥の中で眠っている着物はありませんか?2017.10.26

箪笥の中で眠っている着物はありませんか?

箪笥の中で眠ったままになっている着物はありませんか?ご自身の着物もそうですが、お母さまやご親族がお持ちの着物で、箪笥の肥やしになっているもの、見たことありませんか?お母さまの着物を着ることは、最高の親孝行になりますよ。着付け教室で着方をマスターして、着物でお出かけしてみませんか。

40代、50代になると洋服を着ても決まらない、、というお悩みの方もいらっしゃるようですね。そう感じている方に、ぜひ、「着物」という選択肢を自分のファッションとして取り入れてほしいと思います。着物を着てでかけると気分があがる、そんな場面をご紹介しましょう。

■着物を着て、季節を楽しみましょう

着物と季節は、とても密接な関係です。柄やデザインに四季を感じられることは、着物を身にまとう最大の楽しみと言えます。春になれば梅や桜、お正月には松竹梅や宝尽くし、コマや凧など、季節の柄を自分の身体にまとうことができるのは、着物ならではの楽しみではないでしょうか。

特に桜と紅葉の季節は着物を着る時期としては最適です。イベントなども多く、最初に季節モチーフを取り入れるとしてもおススメです。洋装で出かけた場合よりも、その風景や思い出はより感慨深いものになるでしょう。

 

■ 日常のイベントに着物で出かけると、いいことが

同窓会やお友達同士の食事会など、ちょっとしたイベントに着物を着ていくのもおすすめ。着物姿はご自身だけでなく、その場の雰囲気も華やかに、品のある空間を演出することができます。イベントの格が上がり、主催者から感謝されることがあるかもしれませんね。また、レストランなどでは「大切に扱ってくれている」ことを実感することが多いですよ。
着物が似合う街に出かけて、写真を撮るのもいいですね。京都はもとより、東京の神楽坂、金沢、川越などは、着物姿が街並みに溶け込み、絵になります。

■海外でも実感する、着物のちから

着物姿は海外の方々からは憧れの存在で、国語が話せなくても、着物を着ているだけで話しかけられることが多いです。また、着物を着ることで日本人としてのアイデンティティを感じ、自分自身に自信をもつことができるでしょう。外国の方が参加されているようなイベントやパーティには是非着物ででかけたいものです。

■着物で歌舞伎、日本を楽しむ王道

着物でお出かけというと、すぐに思い浮かぶのが歌舞伎ではないでしょうか。歌舞伎座はじめ、新橋演舞場や京都南座など、建物と着物姿の写真映えは最高です。ご自身で着物を楽しむことに加え、他の方々の装いを間近にみることで、コーディネートの勉強にもなりますよ。歌舞伎の演目や出演者にちなんだモチーフのお召し物の方もいらっしゃいますので、着物姿の方を目にするだけでもワクワクします。

自分で着つけができるようになったら、きっと世界が変わるはず。自分のファッションのアイテムに、「着物」という選択肢をとして取り入れる楽しみができますよ。

あなたのおうちに眠っている着物、一度着てみませんか?

多千花きもの着付け教室は、神楽坂にある初心者専門きもの着付け教室です。

神楽坂駅、江戸川橋駅、牛込神楽坂駅をご利用になれます。

The following two tabs change content below.
アバター

おかもとたかこ

神楽坂、多千花きもの着付け教室主宰。理論的でわかりやすい個人レッスンが人気。海外在住の生徒さんも多い。
アバター

最新記事 by おかもとたかこ (全て見る)


神楽坂 多千花きもの着付け教室|神楽坂